オロスタキス

オロスタキス

ひろがる子持ち蓮華

オロスタキス・子持ち蓮華(Orostachys boehmeri)。東アジア圏に広く自生するらしい。前回(記事:ようしょく子持ち蓮華)より約11か月振り4回目の登場。 昨年ランナーで伸びた子株がいずれも根付いたようで、かなり密に群生す...
オロスタキス

ひろがる岩蓮華

オロスタキス・岩蓮華(Orostachys malacophylla var. iwarenge)。玄海岩蓮華(~ var. malacophylla:ほどける玄海岩蓮華)の変種のひとつのようだ。 オロスタキスの中では比較的大きい印象...
オロスタキス

ようしょく子持ち蓮華

オロスタキス・子持ち蓮華(Orostachys boehmeri)。東アジア圏に自生するらしい。前回(記事:こだくさん子持ち蓮華)より約16か月振りの登場。 これは一昨年挿し木したものだったか?前回は3鉢だったが、いつの間にか1鉢にな...
オロスタキス

ほどける玄海岩蓮華

先々週辺りからラケナリアとセネキオの葉が枯れ始め、先週からはオキザリスの葉が枯れてきた。夏型も水を吸ってふっくら。球根類は発芽が散見される。春らしくなってきた。 ーーーーーーーーーーーーーーー オロスタキス・玄海岩蓮華(Orostach...
オロスタキス

ふゆめの爪蓮華

オロスタキス・爪蓮華(Orostachys japonica)。鷹の爪とも。日本原産だが自生のものは絶滅危惧種。前回(記事:ふゆのよそおい爪蓮華)より約10か月振り3回目の登場。記事にするのを忘れていたら、また冬芽(ふゆめ、とうが)の季節に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました